履歴書の自己PRの書き方について

履歴書の自己PRの文の書き方例について色々と考えてみましょう。
例文としてはなるべく長所を書くのが良いでしょう。あえて欠点を
書くのは場合によっては効果的ですが逆効果の場合も多いので。

履歴書の自己PR欄に欠点を書くのはあえて自分をさらけだすという
意味で書く場合もありますが、それには文章のテクニックが必要に
なりますしね。やはり長所の方が印象が全然良いですよね?

エントリーシートに自己PRを書く場合もあります。その時の書き方の
良い例はやはり責任感を全面に押し出した書き方がかなり効果が
あると思われます。それは新卒者でも転職者でも同様なのです。

特に最近はすぐ会社を辞める人が多いのでなおさら責任感が問われる
のです。また自分の性格的特徴を書いてそれを自己PRにする方法も
ありますがその場合は受ける職種・業種にもよります。

例えばユニークな才能を必要とする企画などはユニークな発想する事が
出来るのが実例として役に立つ場合があります。しかし事務の例だと
やはりコツコツと真面目に仕事をこなす人が企業としては要求されます。

履歴書の書き方のコツ!のトップへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。