転職の際の志望動機の書き方の注意点

転職の際の志望動機の書き方の注意点はどんなものがあるでしょう?
まず前職と同じ職種の場合は割合書きやすいと思います。その理由としては
「前職のスキルをこの会社でも生かせると思い応募しました」とか具体的に
志望動機を書けからです。

でも中には今までと全然違う職種に転職したい人もいるでしょう。
この場合は志望動機の書き方を工夫しないと書類選考で落とされて
なかなか面接までこぎつけないと思います。

では違う職種(又は未経験)に転職する場合、志望動機をどう書けば良いか?
どんな職種に転職するかによって書き方は変わりますが、実際には
面接の時になぜ全然違う職種に応募したか聞かれる事の方が多いのです。

だいたい全然違う職種に応募する事自体が本人が一番気持ちが
わかっていると思うので飾らずに正直な気持ちを履歴書に書いて
見てください。

もちろん本やネットから志望動機の例文を探してきてそれを参考に書くのも
良いでしょう。でも転職者の場合は社会人経験者ですから、自分なりの言葉で
気持ちを正直に書いた方が好印象を持たれる場合が多いと思いますよ。

履歴書の書き方のコツ!のトップへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。