履歴書の志望動機の書き方のコツ

履歴書の志望動機の書き方のコツは?就職活動している時に履歴書の志望動機を
どう書いたら良いか悩みませんか?私は悩みました。まず志望動機の例文とかを
本からそのまま引用して書いても面接官にはバレバレでしょうから・・・。

だから私の場合は本を自分なりにアレンジして(自分の受ける会社の職種に応じて)
書きました。

新卒でなく転職の時の志望動機の書き方はけっこう悩みました。まず書類選考に
合格しなければ面接までこぎつけない。だから転職時は前職を辞めた理由とか
面接の時に突っ込んだ質問が来る場合が多いので志望動機も慎重に書きました。

もちろん受ける会社(職種や業種によって)書き方が変わります。
例えば銀行や信用金庫の金融関係、又は教員や警察官・大学職員や市役所
の公務員関係の人たち。信用問題重視でしょうからその点をアピールして
志望動機に書くと効果的と思われます。

システムエンジニアや今人気のIT業界の志望動機。この場合はスキル重視なので
割合書きやすいと思います。つまり今までの自分の技術をアピールすれば良いで
しょう。

また商社などは転勤が多そうなのでそれに耐えられる体力と外国語や
コミュニケーション能力が要求されるのでその点を志望動機でアピールすれば
良いでしょう。

また看護師や歯科助手・病院勤務関連、これも体力を使うし不規則勤務に
耐えられる精神的に強くないと勤まらないと思いますが、元々資格がないと
就職出来ないと思われるので意外と志望動機自体は書きやすいと思います。

また製造業の志望動機の場合は?やはりスキルとしては製造業に関わった事が
ある人や機械のオペレーターをした事があるのがスキルとして必要になると
思われます。

他にもアパレル・広告業界・客室乗務員・ホテル・物流・販売・介護・
法律事務所・証券会社など、志望動機が書きやすい職種と書きにくい職種が
あると思われるので、本やネットを参考にして書いてみて下さいね。

履歴書の書き方のコツ!のトップへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。